響極堂

2005年4月25日




その日の朝8時半ごろ。
勤務していた会社用のビデオ編集の仕事で梅田に向かうため、JR三田駅のホームにいた。
大阪行きの快速に乗るためだ。
通勤では電車に乗らないため乗り継ぎがよく分からず、ちょっと早めに三田駅に着いていた。
快速を待っていたら特急電車が来た。
いつもはスルーするのだが、大阪までの移動中に座って台本をチェックしたかったので、奮発して特急に乗った。
乗る予定だった快速電車の事故のニュースを知ったのは、梅田近くの編集スタジオでであった。

大阪駅の御堂筋側に出るため、編集で大阪に出るときはいつも前のほうの車両だった。
その日もホームの一番前で待っていた。
先頭車両は尼崎のマンションの駐車場で原型をとどめていなかった。

9割がた事故に遭う成り行きだったが、わずかなきっかけで難を逃れた。
逆にいろんな巡り合せが重なって事故に遭ってしまった方が大勢おられたことだろう。

今までなるべく忘れようとしていたが、やはり忘れるべきではないと思い、残しておく。
人間、いつどうなるかは本当に分からない。

その日一日を悔いのないようになどと高尚なことは思わないが、流れに乗ったほうが丸く収まりそうなときでも、自分を曲げてまでそうしようとは思わなくなった。
たぶん周りからは扱いにくい人間だと思われているだろう。
人間として成長しているのか否かは分からない。

映画ブレードランナーに大好きなシーンがある。
闘った相手であるレプリカント(人造人間)のバティに、彼の命が尽きる直前に自らの命を救われたあと、主人公のデッカードは思う。
「彼らは知りたかったのだろう。自分たちはどこから来て、どこへ行くのか、何年生きられるのか。それは私たちも同じだ」