響極堂










プロフィール





「カルロス大野」名で、ちょこっとボサノバの弾き語りとかしてます。

畏れ多くも神様ジョアン・ジルベルトと同じ誕生日。
ただし、生年は違うし、地球の反対側だし。
でも、なんとなく光栄。

日本人では、木之内みどりと同じ生年月日。
(木之内みどり:知っている人も少ないと思うが、元アイドル歌手で元夫はその筋では有名なベーシスト・後藤次利、現夫は竹中直人)
あと姉歯偽装設計士とも同じ。


日系3世みたいなステージネームだが、ポルトガル語はわからない。
歌詞はいいかげんに歌っているので、そこは突っ込まないように。
わびさびボサに続く


学生時代から会社員になりたてのころは、ロックやフュージョンのギターを弾いていた。
一時ちょっとジャズギターに興味があったが、アドリブを勉強する道のりがあまりに長い気がして断念。

年齢相応であちこち傷んできた。
手指関節炎とか、耳鳴りとか。
耳鳴りも特定の高音が鳴っていて、たまにアンプとかPAとかからのノイズなのか耳鳴りなのか判然とせず、不便なことがある。

SF小説および関連書を好んで読むが、たまにミステリにも手を出す。
中学から大学生くらいまでは筒井康隆フリークだった。
ここしばらくはは京極夏彦がよい。

社会人類学者であるヨメさんもSF読みなので、SF関連や研究資料でマンションの部屋は図書館なみ。

ファッションにはまったく興味がなく、着るものは衣類としての機能とそのときに必要な収納があれば良しとしているので、あまりにひどいときはヨメさんに怒られる。

見よう見まねで覚えたバルーンアートは(ごく一部で)好評。

音楽の祭日、運営委員

イベント業務管理士(一級)」資格保持者。
ただ、誰も知らない上に、持っていても役に立たないこと、この上なし。